目的

EmacsのMarkdown-modeビューアーは、multimarkdownが定番のようですが、プレビュー機能は専用エディタほどではありません。そこでお勧めしたいのがLivedownです。Livedownはオートリロード機能が備わっていますので、編集して保存するたびにプレビューが更新されます。できあがりが分かりやすく確認できるのでどんどん書き進められます。ぼくの場合、ちょこっとしたメモもMarkdownで書いているので、そのメモを印刷したい時にビューアーの表示をそのままプリントアウト出来るので便利です。

導入

導入は下記リンクに詳しく書かれているけど、README.mdの内容を転載しておこう。

Installation

First make sure you have node with npm installed.

Then install livedown with

$ npm install -g livedown

Then install this plugin with

git clone https://github.com/shime/emacs-livedown.git ~/.emacs.d/emacs-livedown
cat <<EOF >> ~/.emacs.d/init.el
(add-to-list 'load-path (expand-file-name "~/.emacs.d/emacs-livedown"))
(require 'livedown)
EOF

Configuration

This plugin uses some configurable variables, with the following defaults

(custom-set-variables
 '(livedown-autostart nil) ; automatically open preview when opening markdown files
 '(livedown-open t)        ; automatically open the browser window
 '(livedown-port 1337)     ; port for livedown server
 '(livedown-browser nil))  ; browser to use

Make sure to place them before the require line in your init.el.

You can also call the functions manually with

M-x livedown-preview
M-x livedown-kill

使用感、活用法など