2017-09-24 macOS Sierra

macOS SierraでSIPを無効にする方法

Sierraには、SIP(System Integrity Protecton)というセキュリティを強化機能が追加されていて、sudoを使ってもシステム用とされる/usr等のディレクトリに変更を加えられないようになっていて、開発環境の構築になにかと不都合です。

そこでSIPを無効にすることにしました。

1.リカバリーモードで起動する

command + r を押したままMacを起動させます。

2.ターミナルを起動

再起動後いつもとは違う画面となっていますが、ビックリしないでください。

画面上の選択のユーティリティーからターミナルを起動します。

Alt Text

3.SIPコマンドを打ち込む

立ち上げたターミナルに以下を打ち込み、enterを押す。

csrutil disable

Alt Text

上図のように、

Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.

と返ってくれば成功です。Appleメニューから「再起動」を選んで再起動すると,SIPが無効化された状態で起動します。

4.SIPを有効に戻す

SIPが無効の状態で行う必要な作業が終わったら、元に戻しておきましょう。

同じ手順でターミナルを立ち上げて、csrutil enable と打ち込むだけです。

ちなみに私は無効のままにしています。

2017-09-24 macOS Sierra